ETS手術とリバーサル手術

手掌多汗症のクライマーが、ETS手術をして、重度の後遺症に苦しみ、フィンランドでのリバーサル手術に成功。ゴミ収集員復帰を目指す物語

北欧フィンランドで交感神経再建術(リバーサル手術)を受けてきました①

f:id:bakibakibackey:20191009145900j:plain

※リバーサル手術を受けての感想や滞在記、備忘録的な感じです。

フィンランドへ行かれる方や、リバーサル手術を今後受けられる方へ参考になればと思います。

10月2日フィンランドに向けて出発

成田空港9時20分発のフィンエアーで日本を出国しました。運搬機材の遅れで30分ほど離陸が遅れましたが、無事に日本を出国することが出来ました。

成田9時50分発でヘルシンキのヴァンター国際空港着が13時50分着でした。

時差が日本の方が6時間早いので実質飛行機に乗っている時間は10時間でございます

時期が良かったのか行きの機内はガラガラで、真ん中の席を空けてくれたり、前後左右人がいないように席を手配してくれたので非常に快適で、脚伸ばし放題、オナラし放題でした。快適な空の旅ってやつです。

個人的に推奨する席は、トイレに近い通路側がオススメです。トイレに気軽に行ける安心感は大きいです。脚痛くなったら、トイレの中で、屈伸したり、背骨伸ばしたり出来るから良いですよ。

フィンエアー機内はフィンランドの有名ブランド「マリメッコ」が至る所に。

f:id:bakibakibackey:20191008155049j:plain
f:id:bakibakibackey:20191008155104j:plain

かわいいですね。

機内食は

事前の下調べでフィンエアーの
「チキンカレー」は美味しい。
という情報を得ていたので、チキン1択でしたが、フィンランド人のCAさんは、何も聞かずに機内食を差し出して来たので、
「あっ、僕の心を察してくれて、このCAさんやりおるがな。」
と感心していました。
ネフェルピトー似の妻は、日本人のCAさんとやりとりしてて、無事チキンをゲット!

f:id:bakibakibackey:20191008183718j:plain

僕のはこんな感じめちゃ熱い。さぁいただきますと両手を合わせて蓋を開けると…

f:id:bakibakibackey:20191008155029j:plain

見る感じ僕の知ってるカレーでは無いし、あれ?とフリーズしてると。
横のネフェルピトーさんが
「バキちゃん、それチキンじゃないよ」
と痛烈な言葉の猫パンチ。

もしやこれはビーフでは( ͡° ͜ʖ ͡°)?

と考える必要も無くビーフでした…

あのCAさん「やりおるがな…」と思ったのは言うまでもありません。

こう言う時に言えない性格なんです。多汗症患者に多い、気が優しいと言うか、気の小さい性格なんですorz

ちなみにカレーは辛口でめちゃくちゃ美味しかったです。味覚性発汗持ちの人は注意ですね。ビーフはまぁ普通だったかな。
チキンカレー⬇︎

f:id:bakibakibackey:20191008200410j:image

軽いフィンランドジョークの洗礼を受けながらも無事にヘルシンキ着です。

前日にLINEチャットオフ会で

 2002年にリバーサル手術を受けられた、
まるとんさん。まるとんさんのブログ

3カ月ほど前にリバーサル手術を受けられた、ゆーこさん。ゆーこさんのブログ

近い内にリバーサル手術を検討している、
かもめさん。の計4人で会話をさせて頂き、フィンランド滞在の詳しい話を聴かせていただきました。

特にゆーこさんのブログには、移動時のアドバイスが書かれているので、スクショしてすぐに見られる様にしておくのをオススメします!

空港から

通訳さんにオススメされたスカンディックパークホテルまでは、フィンエアーのシャトルバスに乗ってヘスペリアンパークで降ります。

10月フィンランドの最高気温は、約8度寒いです。

ホテルチェックインはパスポートを見せて、英語で名前やら住所やら書き書き✏︎してカードキーを受け取ります。

エレベーターはカードキーをかざさないと扉しまりませんので注意です。

f:id:bakibakibackey:20191008222853j:image

スタンダードの部屋です。

※ドアがめちゃくちゃ重いので注意です。
ゾルディック家の試しの門みたい。

f:id:bakibakibackey:20191008223503j:image

電気はカードキーを差し込みます。

スタンダードルームには電気ケトルが無いので、フロントで借ります。4日分借りましたが計5ユーロでした。

f:id:bakibakibackey:20191008223836j:image

スイッチを奥に入れないと温まりません。ウチのティファールと同じ様に手前にスイッチ入れてたら全然温まらなかったので注意。

あとこれは必需品です。変換プラグC型

f:id:bakibakibackey:20191008235534j:image

日本とコンセントの形が違うのでこれは必要です。200円位で買えます。入院時も持っていった方が良いです。

ホテルはWi-Fi使えます。

f:id:bakibakibackey:20191008224214p:image

これを設定しないとWi-Fi使えないので注意。

1日目は余裕があれば、トラムに乗ってティルッカ病院へ下見に行く事をオススメします。日本でトラムのアプリ「HSL」を入れて置き、日本で情報を入力しておくと、スムーズです。

f:id:bakibakibackey:20191009134812j:plain
f:id:bakibakibackey:20191009134833j:plain

 ホテルのWIFI使えばスマホでチケットが買えます。

詳しくは↓こちらを

www.google.co.jp

初日は色々と買出しをしたり、忙しいです。
リバーサル手術後は痛すぎて観光&買出しどころじゃないので、初日が一番観光のチャンスですが、手術の為に体力を備えておくのが一番重要だと思います。

日本から持ち込んで良かった物

 日本のホテルと比べるとアメニティが乏しいです。

  • 寝巻き
  • 歯ブラシ
  • スリッパ
  • 耐熱性紙コップ
  • コーンスープや紅茶
  • ボックスティッシュ 紙包装だとかさばるので、プラ包装がオススメです。
  • カップラーメン
  • ペットボトルお茶

日本から持ち込めば良かったと思った物

  • みそ汁
  • 緑茶
  • 梅干
  • 割り箸 見事に忘れて不便な思いをしました。
  • 便座シート 100均でペタっと貼るタイプで良いと思います。便座めちゃくちゃ冷たいです。

こんな所でしょうか。1日目終了です。